敦賀駅オルパークにて!

b0362972_14025028.jpg


b0362972_14025170.jpg


こんにちは!

敦賀駅オルパーク2階にて北陸新幹線パネル展示が開催されています。

北陸新幹線のルートが決まるまでの運動や、今後の整備計画がわかりやすくパネル展示されています。


〜以下、敦賀駅オルパークフェイスブックより引用〜

【展示のご案内】
敦賀市役所 新幹線整備課
~北陸新幹線パネル展~

日:1月11日~1月19日
場所:敦賀駅交流施設オルパーク 2F多目的室
内容:北陸新幹線のルートについての詳細や、
今後、敦賀駅周辺がどのように整備されていくのかを
紹介しています。
皆様、是非ご覧くださいませ★

※会場にお越しの際は公共交通機関をご利用いただくか、
 お車でお越しの際は市営駐車場(最初の1時間無料)を
 ご利用くださいませ。

[PR]
# by azure2016 | 2017-01-13 13:59 | Trackback

こんにちは!

12月定例会で提案したことを抜粋して記載します。(前川・一般質問抜粋)

「敦賀南スマート周辺整備構想について」一般質問をしました。

 敦賀市の将来目指すべき都市像は、「世界をつなぐ港まち みんなで拓く交流拠点都市 敦賀」です。あるべき将来都市像に近づくような議論をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 交流拠点都市を目指すんだという将来の都市像から逆算していろいろ考えてみますと・・・、


海路、港では、韓国航路、中国、また国内フェリーなどアジアと日本海側地域が海路で敦賀とつながっております。


線路では、平成34年度、あと6年後には北陸新幹線敦賀駅開業があり、東京や北信越地域とつながります。


道路では、2年前の舞鶴若狭自動車道が全線開通しまして、嶺南地域や京都北部ともつながり、人、物の流れが変わってきております。


 大きな目で考えてみますと、日本海側であります鳥取や島根に新幹線が走ることはまだまだ先だとしても、高速道路につきましては、新幹線よりかなり早い段階で敦賀から鳥取、島根を通りまして山口県まで高速道路がつながることが予想されます。山陰近畿自動車道、北近畿豊岡自動車道、山陰自動車道が近い将来完成することによって、敦賀から鳥取、島根を通りまして山口県まで日本海側を横断できることになりまして、人の流れ、観光ルートですとか流通、物流の流れが大きく変わることが考えられます。


 日本海を横断する高速道路ができることで、舞鶴若狭自動車道の人、物の流れはこれまで以上に多くなっていく。そんな中、来年の3月には敦賀南スマートインターが開通するわけです。スマートインターができることによりまして、原子力災害時の避難道としての機能ですとか緊急搬送の充実、企業誘致の可能性、周遊型観光などのさまざまな利点が考えられますけれども、私は、スマートインターができることによりまして経済効果、特に敦賀の景気がよくなることを一番して期待しておりますので、敦賀南スマートインターチェンジができることによっての経済効果について質問していきます。



前川和治・質問

敦賀南スマートインターの1日当たりの利用台数と経済効果は?


○建設水道部長(寺島昭広君) 

敦賀南スマートインターチェンジの計画交通量は1日当たり1000台。

インターチェンジ整備による経済効果は、合計額は2億3000万円。




○前川和治質問

観光面では舞鶴、天橋立方面から来られた観光客については敦賀南スマートインターをおりて、1000台の方が。さかな街さんですとか昆布館さんとか立ち寄りまして、また敦賀インターから高速道路に乗るという、そういう市内を周遊するコースもできるようになってくるんじゃないかなというふうに思います。

 敦賀南スマートインターから敦賀インターまでの観光周遊の動線をつくるにしても、現在の動線では、観光バスがわざわざ敦賀南スマートインターを利用して敦賀インターから乗るというような市内周遊コースを選択してくれるとは、私、今の段階では思いません。

 といいますのは、やはり岡山松陵線の早期整備、それと山櫛林線と岡山松陵線を結びます接続部分の整備、いわゆるミッシングリンクと言いますけれども、その整備を同時期に行いまして、敦賀南スマートインターから市内までのアクセスをよくしまして利便性を高めることをやっていかなくてはならないと考えますけれども、その辺の見解をお伺いします。


○建設水道部長(寺島昭広君) 

岡山松陵線でございますが、事業主体である福井県では、平成30年度の完成を目標に、現在、用地買収、物件移転を集中的に実施中でございます。


ミッシングリンクの解消でございますが、これはすなわち県道津内櫛林線と県道山櫛林線を接続する道路でございますが、本市といたしましてもスマートインターの整備効果を発揮するために重要な道路と考えており、ことしも福井県への重要要望として、岡山松陵線の早期完成とミッシングリンクの早期整備を要望しているところでございます。

 

県からは、岡山松陵線の供用開始を見据え、ミッシングリンクについても敦賀市と連携しながら検討していきたいとの回答をいただいている




○前川質問

25億円も敦賀南スマートインターにかけまして、せっかく敦賀南スマートインターをつくったのでありましたら、私は活用しなくては25億円が非常にもったいなというふうに思っているわけです。25億円以上の経済効果を得るためには、市内への動線、岡山松陵線の整備とミッシングリンクの解消が必要だということは同じ思いだと思います。

 岡山松陵線につきましては平成30年度を目標に整備を行っていくということでございましたが、山櫛林線と岡山松陵線を結びます接続部分、ミッシングリンクについては、整備時期というのはいつぐらいを目標にしているのかということを再質問させていただきます。



○建設水道部長(寺島昭広君)答弁

 現在、敦賀市としましては県のほうに一日も早い整備を要望しているところでございまして、県のほうでは、先ほども申しましたようにまずは岡山松陵線の完成、こちらのほうを優先的にやっていきながらその完成を見据えて検討していくというような回答でございますので、いつ着手、いつ完成というのは現在まだ県からは正式にはお聞きはしてございません。




○前川和治・質問

敦賀南スマートインター付近の商業開発が行われる場合を想定しての質問をしていきます。

例えば、交通アクセスがよくなるスマートインター付近には道の駅の設置ですとか企業参入、商業開発など民間の参入も考えられますけれども、スマートインター付近は現在、農業振興地域であるということでございまして、民間の参入ですとか新たな商業開発が困難なのではと考えますけれども、見解を伺います。


○産業経済部長(若杉実君) 

新たに開発をしようとする場合の部分の許可にかかる期間と手続上の問題でございますけれども、事業計画者から申請が提出されてから、事前審査や現地確認を行いまして、農業委員会等の関係機関への意見照会や福井県との協議、それと公告縦覧期間を経て、許可までには通常、約1年の手続期間が必要となっております。




前川和治・質問

観光面ではスマートインターと市内の動線上にあります敦賀市農産物直売所、夢市場を道の駅としての運用、また町の駅、山の駅としての運用、拡大運用ですね。そして農家レストランとしての運用、さらに観光情報を発信する、そういった施設としての運用などを考えておられるのかどうか、質問させていただきます。


○市長(渕上隆信君) 

 敦賀市農産物直売所ふるさと夢市場におきましては、近年は市民の台所として定着しつつあり、週末には市外からのお客様もお越しいただいていると聞いています。

 敦賀南スマートインターの開通により同施設が一段と注目されることが予想されることから、一層の飛躍が期待できる絶好の機会と考えており、議員が御提案されます道の駅的な役割の施設に生まれ変わることを期待し、前向きに検討していきたいと考えております。


○産業経済部長(若杉実君) 

ふるさと夢市場は、 今後、観光PRブースや地場野菜を使った商品開発、農家レストランなどについても指定管理者と十分協議をしまして、多くの観光客が立ち寄れる拠点となれるよう検討してまいりたいと考えております。




○前川和治・質問

物流面でのスマートインターの利用につきましては、ハーモニアスポリス構想に書いてあります敦賀、高島、マキノへの道、トンネルですね。そういったものができた場合は、高島市にとりまして最も近いインターは敦賀南スマートインターになります。つまり高島市の玄関口が敦賀南スマートインターになるということでございますので、滋賀県からの新たな物流の流れも期待できると考えますけれども、物流面でスマートインターをどう考えているのか、どのように使おうとしているのか、質問いたします。


○企画政策部長(池澤俊之君)

議員御質問ありました敦賀南スマートインターと今回調査で設定する敦賀高島間ルートとの相互連携によります物流面での新たな流れも期待できると考えておりまして、次年度以降に予定しています実現可能性等の調査の中で想定される効果等につきまして検証してまいりたいというふうに考えております。



○前川和治・質問

海路、線路、道路が交流する拠点都市であります敦賀ですが、まだまだ潜在的な地理的優位性を生かしているとは思えません。敦賀南スマートインターが開通する時期を一つのチャンスと捉えまして、せっかくできるものはとことん活用する。現在のままでは活用しにくい場合は、ミッシングリンクの解消などスマートインターまでの道路アクセスをよくすることで初めて敦賀南スマートインターから市内に車や観光バスが、そういう流れができてくると思いますので、この転換期を大きな収穫に変えていただきたいと思います。


 大きな視点で見ますと、ここ10年のうちに日本海側は高速道路で結ばれ、その出発点が敦賀となります。そのころには敦賀南スマートインターが滋賀県高島市の玄関口でもありまして、敦賀南スマートインターから滋賀県の方ですとか京都北部の方が鳥取や島根、山口まで行く時代が来ると思います。横断ルートの出発地点として敦賀南スマートインターができるんだというふうに考えて、日本海側の人、物の流れが変わる大転換期が来る前に今のうちから準備ができることはしていただきたいという思いをお伝えしまして、1つ目の質問を終わります。






[PR]
# by azure2016 | 2017-01-12 11:36 | Trackback

これは安心!

子育て世代には心強い!

これは安心!

「子ども救急医療電話相談」

夜中でも電話相談できるのは大変ありがたいですね^_^

b0362972_22571021.jpg


[PR]
# by azure2016 | 2017-01-10 22:55 | Trackback

新聞記事コピー!

こんにちは!

b0362972_23052728.jpg


実家に飾ってあった新聞コピー

どうやら、中日新聞に取り上げて頂いた時の新聞記事です。

当時、金ヶ崎緑地公園にある大和田別荘復元建物は、休憩所としか活用されておらず、室内もがらーんと何もなし、二階も何も使われておらず、ただトイレがある建物でした。

当時は、普通のサラリーマンでしたが、

これは、もったいない!と思い、

福井県や、港湾局?みたいなところに直談判して、沢山の書類を書いて…、
大和田別荘復元建物の一階部分を間借りしました。

そして、子どもたちが遊べるように布おもちゃを置きました。

確か、前川26歳ぐらいの時だったと思います。

個人でも、公共物を借りることができるんだ!
有効活用することができるんだ!と思って、継続的に使用できるように許可をもらいたいと思い、当時の敦賀市議会に請願書を持って行ったり、市役所のまちづくり課みたいなところに言って、とにかく怒っていました。

怒っていた理由は、ただ一つ。

「税金を無駄に使わないでくれ!」

「もったい建物があるなら有効活用してくれ!
有効活用が出来ないのなら俺に貸してくれ!」

という内容だったと思います。


怒っていても、何事も前に進まないのはわかっていたので、福井県や港湾局さんを説得していって、ようやく借りれたのが大和田別荘復元建物でした。

確か、この時は県庁までわざわざ行ったような…。
当然、アポなしで(笑)

その甲斐あってか、継続的に大和田別荘復元建物が使用できるようになり、いろいろな催しを個人で企画していきました。

当時は、いろんな新聞に取り上げてもらいましたが、その時に新聞記者さんに聞いたのは、「なんで使われてないものを活用するだけで記事になるのか?」という問いを各新聞記者さんにしていました。

当時の敦賀では、個人が使われていない公共物を借りるのが珍しかったようで、とにかく…珍しがられていたような気がします。

その後、ひとつふたつと…、

「え〜、こんなもんに俺の税金使ってるの〜」と思うところあり、当時の市議会議員さんに税金の使い道を聞いていきました。

今思えば、これが「市議会議員と話そう!」の始まりですね。

これまた、当時は普通のサラリーマンが市議会議員と語る会を主催するというのが珍しかったようで、新聞に取り上げられました。

その時も、「え!敦賀って、議員と市民が話す当たり前のことをやってないんだー!なんで?!」というのを、各新聞記者さんに聞いたのを覚えています。

当時の市議会議員、県議会議員、計10名ほどに、税金の使い道について尋ねていきましたね。

かまぼこ板で、ネームプレートを手作りしたり、ポットにコーヒーや、お茶を持っていったり、して、市議会議員と話そう!を主催していました。

26歳〜28歳の頃でしょうか…。

市議会議員にアポ取る時も、朝7:30の時もありました。
何度も言いますが、前川も普通のサラリーマン。
会社に間に合う時間にアポを取ったりしていましたが、朝から美味しいコーヒーを頂いたり、為になる書籍を頂いたり、初対面だったにもかかわらず、とっても対応が気持ちいい爽やかな市議会議員もいらっしゃいました。

逆に、ビビっているのか?
絶対に市議会議員と話そう!には参加したくないオーラバリバリの市議会議員もいらっしゃって、面白い人達もいるんだねーと思っていました。


おっと、
ひとつの新聞記事から、市議会議員と話そう!まで飛躍してしまいました。

つづきは、またいつか^_^

それでは、また













[PR]
# by azure2016 | 2017-01-09 22:21 | Trackback

ひろがる選択枠。


b0362972_17520912.jpg



こんにちは!

元旦の福井新聞の一面大見出しは、

「東京へ小浜が最速」という見出しでした。

小浜から東京まで2時間37分で行ける!

2037年頃には・・・という話でした。

20年後には、敦賀から小浜まで新幹線が通り、京都、大阪まで行けるようになります。


20年後というと、59歳になります。。。

今から、59歳になるのが楽しみな今日この頃。



59歳になった時のことや、20年後に新幹線が小浜を通り大阪まで開通した時のことまで考えて、

今のうちから「敦賀のまちづくりプランニング」をしておくことも大切です。


20年先までの税収予測、20年先までの政策、20年先までの広域政策などなど、

20年先までの予測から敦賀市を考えていける時代になったとも言えます。


あと、10年もすれば日本海側を横断する高速道路が通るかもしれません。

その時に、敦賀南スマートインターチェンジは、滋賀県高島市の玄関口になっているかもしれません。



新幹線敦賀駅も、同じく滋賀県高島市や、嶺南市町の玄関口になっていきます。

敦賀市の人口は、6.7万人ですが、

滋賀県高島市 5万人 + 嶺南市町 6万人 + 南越前町 + 長浜市北部


新幹線敦賀駅を利用するのかな?人口をトータルすると、

約20万人近くの利用人口になるかもしれません。


あくまで利用するかも?人口ですが20万人の経済圏を敦賀市は持っていると考えて、

各種政策を打ち出していくべきなのかな?とも思います。


それでは、また













[PR]
# by azure2016 | 2017-01-06 17:46 | Trackback

提案がカタチに?!

b0362972_23052664.jpg


こんにちは!

市役所の行政チャンネルを見たら、

あらあら〜?

敦賀南スマートインターチェンジ開通について、テレビで解説がありました。

断片的にしか聞いてなかったのですが、
どうやら、ふるさと夢市場を拡充するような…ことを話していたような…。

あれ?これって昨年の12月議会で前川一般質問をしたことじゃない?と思いましたが、

おちおちとテレビを見ていられる状況ではなかったので、詳しくはわからないままブログを書いています。

フワッとした感じでも提案がカタチになるなら良かったかなと思います。

さて、あっと言う間に正月休みも終わり、ゴミ出しやら、娘の保育園への送りやら、仕事やら、新年挨拶回りやらでぼちぼち始動しています。

といっても、元旦早朝から大勢の人前で話す機会を頂いたり、2日もビックイベントがあったりと、元旦から始動しているような感覚でいるので、なんだか変な感覚です。

それでは、また

PS
ゴミ出しの日を間違えそうなほど、曜日の感覚がおかしくなっています…。





[PR]
# by azure2016 | 2017-01-05 22:48 | Trackback

2017年!

こんにちは!

2017年です。

一年の計は元旦にあり

ということで、元旦には一年の総合計画を立てるようにしています。


今年は、マラソン大会への復帰

できれば、ボクシングも復帰したい。

よく走る一年にしたい!などなど、

スポーツのこと、健康のこと、仕事のことなどあらゆる目標を紙に書いておきます。

今年も、よろしくお願いします

それでは、また

[PR]
# by azure2016 | 2017-01-01 06:53 | Trackback

仕事編ダイジェスト版!

こんにちは!

2016年もいろいろありました!

仕事編をダイジェスト版で、振り返っていきますと、、、

b0362972_22271013.jpg


会派メンバーで、市内のあちこちの施設を視察し、現場の声をお聴きしました。






b0362972_22271188.jpg


政策勉強会も定期的に行ってきました。






b0362972_22271224.jpg


担当部長や、担当課の方々にも現場で状況説明をいただきながら、市長から提案される市の予算案について審議していきました。





b0362972_22271335.jpg


夏場は、国体のポロシャツで快適に過ごしました。





b0362972_22271304.jpg


美浜町のレガッタ大会にも初めて出場させていただきました。かなりレガッタを漕ぐのは難しかったです…^_^




b0362972_22271455.jpg


消防議会メンバーで、操法大会に出場しました。
結果はともかく、普段からの訓練の大切さが身に染みてよく分かりました。





b0362972_22271503.jpg


カッターレースに出場しました!
今年は結果も出ました!
スタッフとしても、ようやく一連の流れを掴むことが出来たかもしれません。




b0362972_22271515.jpg


ボランティアガイドとして、金崎宮で観光チラシを配りました。
まだまだ、ガイドはへっぴりごしです…。





b0362972_22271637.jpg


全国から、県議、市議が集まる勉強会を主催しました。
多くの方々に敦賀を知ってもらい、泊まりの方々も多かったので経済効果もあったのかな?と。

来年、早々にも開催します。


既に、1月は予定盛り沢山…。

しかも、元旦から何百人の前でしゃべることが決定しているので、これまた緊張感ありありの新年になりそう。


さらに、越前市での講演会講師も控えているので、これまた緊張感ありありの新年となりそう。

良いお年を

それでは、また




[PR]
# by azure2016 | 2016-12-28 11:52 | Trackback

消防議会!

こんにちは!

敦賀美方消防組合議会が開催されました。

冒頭に、管内における災害の発生状況について報告がありました。

火災は、
建物火災 18件
車両火災 3件
その他の火災 5件
合計 26件の火災が発生


救急出場件数は、
3508件
昨年の同期と比べても増加しており、過去最多件数になる勢い。


救助件数は、
交通事故 29件
火災 23件
その他事故など 9件
合計 61件

建物火災に伴う救助件数は、昨年より11件増加している。

新潟県糸魚川市の中心部で発生した火災は未曾有の大火となりました。
一日も早い復興をお祈りする申し上げます。

火事は、いつなん時起こるかわかりませんので、日頃の防火訓練や、防災訓練への参加を是非お願いします。
[PR]
# by azure2016 | 2016-12-26 16:19 | Trackback

ハッピーな案内看板☆

こんにちは!

本日、市役所に次女の‘‘出生届‘‘を出しに行きました。

すると・・・、

出生届をどこの窓口に出していいのか?よくわからない。。。

市役所の1階の住民票などを取る窓口?

もしくは、子育て関係の窓口か?


b0362972_21195005.jpg




結局は、どちらの窓口も行くことになったのですが、

最初は、どちらに行くのか?正直迷ったので、住民票を取る窓口の方にお尋ねしました。



人口減少問題とか、人口減少対策!!とか、敦賀市でもいろいろ行っていますが、

まずは、窓口がわからないことが問題の一歩目でした。(経験しないとわかりませんでした。すいません。。。)


出生届はこちらへ!

婚姻届はこちらへ!


案内看板があるだけで、

ドキドキ感?ドキマギ感?が少なくなります。



今更ながら・・・、気付きがありました。。。



ちょっと工夫をして、

ハッピーな案内看板があったらいいな~と思いました☆

それでは、また



福井市では、人生の大切な記念として、誕生証や、結婚証を交付しているそうです。

http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/todoke/koseki/kinen_d/fil/sample1.pdf











[PR]
# by azure2016 | 2016-12-21 17:55 | Trackback